いんどあ

人の目を気にしすぎる大学生がYouTubeを始めた話【いんどあ】

生きづらかった人生

私はこれまでなにをやるにも周囲の人がどう思うかを第一に行動してきました。
相手の顔色を伺う能力だけはいっぱしになり、能動的に行動する能力が育たなかったのも当然です。

実に生きづらいです。
やりたいことをやれない、真に心をひらけない。

処世術としては正しくも、人付き合いとしては及第点。
それ以上は望めなかった。
そんなとき、ある言葉をもらいました。

「人はそんなにあなたに興味ないよ」

一見厳しく、落胆しそうな言葉です。
それでも、人の目を過度に意識してきた私にとっては響く言葉でした。

誰が見てるわけでもない、やりたいことをやろう。
そう思えた言葉でした。

趣味としてのYouTube

私は、自分の苦手を克服するためにYouTubeを始めました。
急にYouTubeをやるとなると、なんだか世間の流行りに乗った感がしますね。
それでも、もっと人前にでる経験が必要だと思ったのです。

なにをやっても自由だ。
それほどみんなは気にしない。

ゲーム実況を撮ったとして、料理動画を撮ったとして、なにがどれほど変わるというのか。
怖くない、死にゃーしない。

やりたいことをやればいい。

いんどあ