映画評

【映画評(感想)】『セッション』を語りたい

『セッション』のあらすじ

19歳の主人公アンドリュー・ニーマン(マイルズ・テラー)は、アメリカ最高峰の音楽院に通うドラマー。
ニーマンはふとしたきっかけで学内最高の指揮官フレッチャー(J・K・シモンズ)の目にとまり、彼のジャズバンドに加入する。だが、フレッチャーの指導はひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏のためには暴力も辞さないものだった。そんな彼の指導に食らいつきながら、ニーマンは音楽にのめり込んでいく。

【感想】『セッション』

映画評と言っておきながら申し訳ないが、この作品ほど「いいからまず見てくれ」と言いたくなる作品はないと思う。ラスト9分には言葉にし難いものがある。

私はこの映画を見る前は、ドラマーの学生が指導者とともに成長するサクセスストーリーかなと思っていた。しかし実際、そんな気持ちの良い話ではなかった。
少し内気で、バディ・リッチのような偉大なドラマーを目指すニーマン。
次なる偉大なプレイヤーを生み出すことに執着する指導者フレッチャー。
2人の関係性は決してクリーンなものではない。フレッチャーの厳しすぎる指導には不快になることもあるし、それに応えようとするニーマンが必死に練習し、手から血を流すシーンからは目をそらしたくもなった。そんなニーマンをあっさり切り捨てようとするフレッチャーの態度には憤りさえ覚えた。
作品全体を通して、「本物のプレイヤーを育てるためにはやりすぎというものはない。」「挫折こそが覚醒の種だ。」という思想に基づくフレッチャーの指導には、不満が募っていく。
だからこそのラスト9分だと思う。見る者全ての溜まりに溜まったフラストレーションが爆発し、ニーマンのドラムの力強い演奏に感情を乗せる。私は演奏が続く間、いっぱいに握りしめた拳から力を抜くことができなかった。ピアノや他の楽器では表現しきれない、ドラムの爆発力に魅せられてしまったのだと思う。
私はこの映画を見てから度々ジャズを聞くようになったが、ドラムの音が耳に響いて仕方ない。

公式サイト